少人数の結婚式の利点

最近では、結婚式にお金をあまりかけたくないという人が多い事から、少人数の結婚式を行う人が増えているようです。
勿論、少人数の式は費用がかからないという利点がありますが、それ以外にも利点があると言えます。
私自身、一定以上の参加人数がいる式と比較的親しい人や身内のみの少人数の式の両方に参加したことがありますが、少人数の結婚式の場合、新郎新婦と一定の時間会話できたり、他の人も顔見知りである場合が多いため、居心地が良いと言う事も挙げられます。
また、少人数での結婚式の場合、形式的な事が省略されている事が多く、参加者も親しい人が多いため、少し変わった結婚式も行う事ができると言うことがメリットとして挙げられます。

結婚の延期は色々なところに影響が出る

結婚することが決まっていても、やむを得ずに延期する人もいます。
嬉しいはずの結婚が延期してしまうことは、当人にとって非常にショックですので、できるだけ延期というのは避けるべきです。
身内の不幸などは予定外ですから、避けようがありませんが、よほど近しい身内でない限り予定通り結婚する人は多いです。
体調や仕事の都合などに関しては、事前にチェックするようにしましょう。
挙式や披露宴を予定している場合は、延期となるとキャンセル料が発生しますので、注意が必要です。
すでに招待状を送っている場合も、出席する方に迷惑をかけてしまうので、結婚する時期はよく話し合って検討するようにしましょう。
予定外のハプニングが起こることも想定しつつ、決めていくことが大切です。