少人数の結婚式のアイデア

5年間付き合った彼からプロポーズされた私は、現在結婚式のプランについてアイデアを練っているところだ。
私と彼は、友だちが少ないほうなので、親戚と友だちを合計しても、結婚式に招待する客はかなり少人数になるだろう。
だから、盛大な式にはしないで、小規模で家庭的な式にしようと思っていた。
そこで思いついたのが、自宅を使っての結婚式である。
千葉県にある私の実家を飾り付け、結婚式の会場に仕立てあげるのだ。
どうせ少人数の来賓なのだから、これで十分だろう。
料理は、近所の料理屋に注文し、実家まで宅配してもらえばいい。
これなら、かなり安上がりの式になるはずだ。
式の費用が安く済んだ分、ハネムーンは豪華なものにするつもりである。

結婚を延期することについて

事情があって、結婚を延期せざるを得ない場合もあります。
当事者の体調不良であったり、仕事の関係であったり、あるいは親族に不幸があった時など、理由はさまざまあります。
大変なのは、挙式や披露宴のために式場を予約していた場合です。
キャンセル料が発生するところがほとんどですから、予約の際はよく確認するように気を付けましょう。
費用のことを考えても、延期はできるだけ避けたいところです。
招待客にもお詫び状などを出さないといけないので、延期する場合は関係者とよく話し合うことが重要です。
挙式や披露宴が延期になった場合でも、入籍だけは済ますことが可能です。
よほどの事情でない限り、先に入籍をしてしまうこともひとつの方法です。